地下鉄道にのって - エムマッティーナ雑録

劇評家カトリヒデトシのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

腐った映画界にドロップキック

友人のブログの昨日の表題だが
ちょっと気にいったので借用する
(ことわっていない… 元ネタはなんだったっけか?)

そんなに怒ってません  あしからず(藁)



黒沢ブームである
ワンダのCMに桑田と合成されているのを観て
(あれは「乱」ですな)
「ふーん」となったが

「天国と地獄」
「生きる」
がテレビドラマ化され
(ちゃんと観てないのでコメントはなし)

つづいて
「椿三十郎」
「隠し砦の三悪人」
がリメイク

さらに
ハリウッドで
トム・ハンクスが「生きる」を
マーチン・スコッセシが「酔いどれ天使」を撮る
となっては

いやはやなんともである

かつて本人がハリウッドから懇願されつつも

「ハリウッドからのオファーを受けるようになった黒澤は『赤ひげ』の撮影後、アメリカで『暴走機関車』の制作を準備、主演にピーター・フォークとヘンリー・フォンダ、撮影監督にオスカー受賞者ハスケル・ウィクスラーが決定していたが、制作方針を巡りアメリカ側プロデューサーのジュセフ・E・レヴィンと深刻な対立が生じたために頓挫(後にアンドレイ・コンチャロフスキーが黒澤の脚本を原案として映画化)。1968年に日米合作『トラ・トラ・トラ!』の日本側監督を務めることになったが、米国側の製作会社であった20世紀フォックスと、演出方針や撮影スケジュール、予算を巡って激しく衝突。監督を降板させられた。この事件は黒澤に精神的打撃を与えたとされており、2年後に自殺未遂事件を起こす。そして日本の映画産業の衰退の時期と重なったこともあり、この後は5年おきにしか新作が撮れなくなる。」(ウィキペディア)

どうなることやら

「椿三十郎」の予告編をみてたら
驚いた
台詞がオリジナルのままなのである
みると、ホントに、オリジナルの脚本を使っている「菊島隆三、小国英雄、黒澤明」の共作である(すごいメンバー)
しかも予告で抜かれているシーンは
カメラ割も台詞の間も つまりショットそのものがオリジナルとほとんど一緒なのである
とほほ さすが角川映画&森田監督である
あざといっす


スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 00:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「クワイエットルームへようこそ」

今や文春文庫へはいった「精神科へ行こう」であるし
なんといっても
「カッコーの巣の上で」を日本でやりたかったのだろう。

1975年のアメリカの関心が
ようやく
30年たって日本でも
関心を持たれるようになったわけはある

規則規則で患者をしばりつけるという
精神病棟の非人間性の描写というのは
「カッコー」の10分の1以下ではあるし

アカデミーをとったルイーズ・フレッチャーを模した
りょう演じる江口という看護士も
冷酷さに今ひとつ欠ける

しかし
精神科閉鎖病棟というのは悪いモチーフではない

なんといっても
大竹しのぶの嫌らしさが素晴らしい
感動的な演技力である

ちょっと蒼井優を見直したし
この路線でしばらくやるといいと思った

でもね…



  1. 2007/10/30(火) 00:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ギザカワユス

どうも 若者文化に甘い
80年代に青春を送ったせいか
サブ・カルチャー(死語)の洗礼に弱いせいかとも思う

ほめられたことではないのは十分承知してるが
若者ことばは積極的に使うようにしている
(軽薄にみえるのは、望むところでもある)

で  ショコタン語である
「ギザカワユス」
とか
「メガントスゴス」
などと
つぶやいて
家族にいやがられているのであった

やっぱ
ことばは使ってみないとね
そんなとこからしか
ことばが時代とともに変わっていくのを実感できない
ような気がしたりもするわけで…


  1. 2007/10/29(月) 00:00:00|
  2. 社会批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ヘアスプレー」楽しかった

というのは
「パルプフィクション」の時の
トラボルタのラテン・ダンスだったが

ちゃんとしたミュージカルにでるのは「グリース」以来の
20数年ぶり

「ヘアスプレー」は
なんと太りすぎで家から10年もでていない「お母さん」役!!!
踊っちゃうんだなぁ
すげえ すげえ

いきなり路上で歌って踊るミュージカルってやつが
ガキの頃大嫌いだった私だが
「サタデーナイト…」でミュージカルに開眼し
トラボルタとフレッド・アステアが神になった

60年代を舞台に「ブラック・イズ・ビューティフル」

「ファット・イズ・ビューティフル」
を賛美する
仕掛けは結構複雑な作品だが

なんと言ってもトラボルタ!!!
しかも
その太さをこよなく愛する旦那さんが
クリストファー・ウォーケンって!!
映画ファンを喜ばせるなぁ


  1. 2007/10/28(日) 00:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日はPPPP

今きてるのは
倉持裕と岩松了だろうなぁ

このところ はずさない

ペンギンプルパイルペイルズ(ようやく覚えた)の「ゆらめき」
吉祥寺シアターというキュートな小屋で
「奇妙な味」の
ホンを観る
これって演劇の醍醐味だよな

ぼくもとさきこ
小林高鹿

そのうち大化けするだろう(予言)

虚実の隙間をこじ開けて
その腑分け/開きの向こうが見える
ところが
ハートを鷲掴みであった
今回は水野○紀がでてなくて安心してみられた(失礼な奴)

ま 冷たい奴と書いて「冷奴」ってことで
勘弁してね


  1. 2007/10/27(土) 00:00:00|
  2. 演劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カトリ ヒデトシ

Author:カトリ ヒデトシ


最新記事

検索フォーム

ブグログ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (49)
演劇 (77)
映画 (7)
本 (27)
カテゴリ未分類 (76)
サッカー (3)
社会批評 (12)
旅行 (6)
北海道の生活 (66)

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。