地下鉄道にのって - エムマッティーナ雑録

劇評家カトリヒデトシのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全然大丈夫 観た

荒川良良、岡田義徳、木村佳乃
三人の淡くてユルイ恋愛映画。

荒川の自己チューと言ってよい無責任なわがままさと岡田のオドオドとした人の良さ。佳乃ちゃんはの想像を絶する社会不適応ぶり
普通だったらあまりにもの設定だが、きちんとファンタジーとして機能してるのが出色。

ありえないユルさが、心を和ませるベクトルに合成されているところが素晴らしかった。

冒頭
三人以外に登場するのが、白石加代子、大久保鷹、片桐はいり、根岸季衣、きたろう
小劇場同窓会の有様にビックリしたぁ



スポンサーサイト
  1. 2008/03/12(水) 10:01:58|
  2. カテゴリ未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新橋文化で「ラッシュアワー3」を観る

憎むべきシネコンのおかげで壊滅してしまった二番館の
数少ない生き残りである「新橋文化」へ久しぶりにいった
券売機でチケットを買って「文化」なら左の扉へ
ポルノ館である「ロマン座」なら右の扉へと
ほんと懐かしいシステムです
スクリーン横にトイレがあったり
左右のブロックに椅子が4列しかなかったり
ガード下なので時々上のJRの音が聞こえてきたり
ほんとに往年の映画館テイスト満載
昼寝をしているオヂたちが何人もいるし
かつての歌舞伎町のオールナイトを思い出すね

で観たのが、
ジャッキー&クリス・タッカーの「ラッシュアワー3」
ジャッキーは年をとり
シリーズものも3作目という
ほとんど顕彰すべきとこはなにもないんだが
昔の恩があるので、どんなになってもジャッキーは観る!

もうカンフーシーンにも往年のキレはないわけだから
アイディアが勝負
それなのに
今回はパリが舞台でありつつも
チャイニーズマフィアの話で
真田広之と工藤由貴がマフィア役という
混迷ぶり

で、どうなのといわれると困るようなもんなんだが
ジャッキーの面影を、追憶をたどる旅として
今後もスクリーンで観るようにがんばる

だってビデオじゃ
最後までみれないもんなぁ



  1. 2008/03/01(土) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

カトリ ヒデトシ

Author:カトリ ヒデトシ


最新記事

検索フォーム

ブグログ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (49)
演劇 (77)
映画 (7)
本 (27)
カテゴリ未分類 (76)
サッカー (3)
社会批評 (12)
旅行 (6)
北海道の生活 (66)

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。