地下鉄道にのって - エムマッティーナ雑録

劇評家カトリヒデトシのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「10年後のトップランナーたち」 劇団競泳水着 上野友之さん インタビュー(その2)

人気ブログランキングへ

さて、このインタビューは、若手演劇人にお話をきいて、その方の過去や現在についてを話していただき、その演劇人の人となりをしょうかし、名前を広く覚えてもらおう、というところに主眼があります。

エムマッティーナが見こんだ才能なので、いつかビッグ・ネームになるはずです。

そのときに、「若い頃は、あんなこと言ってたなぁ」とほくそ笑もうではないか。

 

ということで、「上野友之」さんインタビュー その2です。

今回は「旗揚げから」です

 

―早稲田にいたのに、出演者・協力者募集も全部ネットなんですね

上野 そうなんです(笑)。
その頃は諸々の事情で就職活動もやめていたんです(笑)。
4年の10月、周りはみな就職が決まって、社会人になるために準備し始めるころに、旗揚げ公演をしました。やっとできたって感じでした。
場所は「学館」です(早稲田の学生会館のこと)。

―どんなものができたんですか?
上野 今、みたら1000円とったのは詐欺だ、と思うようなヒドいものでした(笑)。
いきなり、作演出で出演もしたんです(笑)。
スタッフもいないもんですから、舞台監督を10万くらいで頼んだんですが、あきれたんでしょうか、その人も途中からこなくなって(笑)、ほんと、わちゃくちゃだったんです。

けれど、そのときから、劇評でも誉めていただいた、場面のリンクとか同時進行、せりふの場面間のリンクとか、今も使っている手法はすでに試みていました。
ラブホテルを舞台にした、今思えばくだらないコメディだったんですが、構成とかは今につながっている要素もありました。
それが、2日目からはうけたんです!
出待ちの時に、舞台袖にいて、自分の書いたせりふで笑いが起こるのを聞いて、…あんなに気持ちよいものはないとしりました。
これはすごいぞ。と調子にのってしまい、演劇にどっぷりとのめりこみました。

―なるほど、そこから真面目に演劇をやるようになったと
上野 ええ、最初は映像にいく、「踏み台」のような気持ちではじめたんですが、ライブ感とかのえらそうなことばではいえないんですけれど、自分の書いたせりふを役者さんがいってくれて、それがお客さんに伝わることのおもしろさに魅せられてしまいました。

―それまで舞台自体は…
上野 みたことがなかったです(笑)。
とりあえず、作ってしまったということです。
…泥沼にはまりましたねぇ。それから細々とつづけていったんです(笑)。

―その後の活動の過程はいかがでしたか?
上野 03年の秋に旗揚げしたんですが、07年4年目に「王子」にでることができました。
前の年から小屋主さんに面白いといわれ、なんとなく誘われた感じだったんですが、だしてもらいました。

―活動を続けて行く中で演劇に対する考え方はどのように変わっていきましたか?

上野 そうですね。それまで、演劇の中で「演出家」というのは、このせりふはこうよんで、とか、ここはこう動いてというだけの人だと思ってたんです。役者はせりふを覚えていってくれればいい、的な、そこまでじゃないかもしれないけど、それに近い考えだった。

2年目から、じょじょに脚本ではすべてが「みせられない」とわかりまして、一度だけあるところのワークショップにでて、おどろいたりしたことがよかったんだと思うんです。
だから、演劇の世界の中に知り合いや友達が全然いない中で活動してました。
他の劇団の人や役者さんと顔見知りになったもの、この1年くらいなんです。
それまでは芝居を見にいっても他のお客さんとかわらなかった(笑)。


なんといっても「早稲田系」は一切すどおりでしたからね(笑)。
(最近演クラの方とかがでてくれるようになりましたけどね)

いろんな人としりあいになれたのは、うれしいことなんですけど、演劇をずっとやってきた人、演出のことをずっと考えてきた人と、ぼくは脚本のことしかわからないので、半分素人なやつが話しにまぜてもらっている感じがぬけないんですね(笑)。

コンプレックスというほどではないので、恥ずかしくはないんですが、「みんな、すげぇなぁ」と思ってます。この間一緒にやらせていただいた、黒澤世莉さんなんかの現場はすごかったです。(4x1h project「ソバージュばあさん」 のこと)

 

続きます。次回はいよいよ創作の秘密にせまります…




スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 00:00:00|
  2. 演劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「10年後のトップランナーたち」 劇団競泳水着 上野友之さん インタビュー(その1)

人気ブログランキングへ

さて、新シリーズ
タイトルは… 

「10年後のトップランナーたち」!!


栄えある(かどうかわからんが)第1回目は、「劇団競泳水着」主宰、脚本・演出の上野友之さんです!

小劇場レビューマガジン・ワンダーランドに劇評を書かせていただいた「真剣恋愛」は、タイトルや惹句の「トレンディドラマ」というものというよりも、実は心の機微をスタイリッシュに描いた目から鱗の優れた作品でした。5/19(火)~26(火)に新作「NOT BAD HOLIDAY」の公演を控えています。

 

―さて上野さんです。まず最初にプロフィールをお聞かせください。

上野 はい、82年2月生まれ、札幌市出身です。
北海道出身でも、札幌市(中央区)しかしらないので、シティーボーイです(笑)。
大学から東京に来て、10年になります。

―演劇を始めた、志したきっかけは?


上野 もの心つくころから、ぼんやりと「物語」をつくる人になりたかったんです。小学生のころに小説や「マンガもどき」を書いたりしていました。なんでもいいから、ものを作ることをしたかったんですが、…具体的にはなにもしていなかった(笑)。外に対してアグレッシブではなかったんですね。

中学生の頃、ちょうど野島伸司や、「王様のレストラン」や「古畑任三郎」などの三谷幸喜のドラマが、放送され始めて、「脚本家」という仕事があるのを知り、おもしろそうだな、と思うようになりました。早稲田に進学したのも文化人が多くでているからという理由でした。しかし、入学後特に何もしなかった(笑)。バイオリンを子供のころからやっていたので、1年の時には、学生オーケストラに入ったんですが、つづきませんでした。

―どんな学生生活でしたか?
上野 今思えば、好きだった映画のサークルや演劇サークルに入っていれば、友達などができて、のちに劇団をつくるときに役立ったろうと思っています。

実は大学2、3年のころのこと、あんまり覚えてないんですけれど(笑)、「空白期間」といったものでしたね、今思えば(笑)。同じように上京してきていた、札幌の友達と遊ぶ以外は、映画ばかりみていました。

―では演劇を始める前後の事情を…

上野 3年の4月から奮起して、大学とは一切関係の無い「シナリオ講座」に半年ぐらい通いてました。
映画やテレビの脚本が書きたいなとはずっとおもっていて、かといって当時の自分にいきなりテレビドラマは無理だなとはわかっていたのですが、その講座で何人か演劇をやっていた人と知り合って演劇という「メディア」に気づき、とりあえず演劇をやろうと思うようになったんです。

そうすれば自分の書いたものが、ダイレクトに見てもらえて、お客さんの反応もすぐにうけとれる、と思ったんです。

演劇なら「簡単そうだな」と思ってました(笑)。

もちろんすぐに簡単でないことはおもいしらされましたが(爆笑)。

そこで改めて早稲田って演劇が盛んらしい、と気づきまして(そのていどの認識だったんです)。今思えば、チャリT木霊ポツドールなんかも学生時代にみれていたはずなんですよね。まったく知らなかった(笑)。


3年の就職活動をはじめるころに(少しはやったんですよこれでも。笑)、早稲田に旗揚げしたばかりのグループがあって、それをインターネットで見つけて、とりあえずどんなもんかと思って、募集していた制作を手伝いました。内容は折込からはじまって、当日運営までですね。それも1回だけしかしませんでした(笑)。


今思えば、ほんと恥ずかしいんですけど、制作しかやらずに、稽古場の雰囲気も、まして演出でなにやってるか、もなんにも知らないのに、「とりあえず演劇ってこんな雰囲気なんだ」と思っちゃったんですね。照明と音響をそろえて、役者が何人かいたらいいんだな、と(笑)。

そこでいきなり「旗揚げ」することにしたんです(笑)。

―いきなりですねぇ(笑)。

上野 ええ。学生会館をかりるために友達の名前をかりて、サークル登録をして、で、手伝いをした劇団の人や、インターネットで募集した人をあつめて、スタッフは裏方を一緒にやった人にお願いして…

(続く)



人気ブログランキングへ


  1. 2009/04/29(水) 00:00:00|
  2. 演劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再開のごあいさつ

ながらくのごぶさたでした。

各方面に書く、書くと前振りしつつも書いてない、レビューやなんかかんかが、たまりにたまっています。

しかも、新企画発動!

なんだかな。

演劇制作を将来的に狙っている(笑)、エムマッティーナでは、将来の演劇シーンを担って行くだろう「才能」に着目して、「先物買い」インタビューをしていこうという、ブログレベルではやや反則気味の企画をたてました。

ギャラなしという悪条件にもかかわらず(笑)、すでに何人かの「若き天才たち」が応じてくれています。

 唯一心配なのは、原稿のあがりが遅い(かもしれない)こと(!!)
 気長にお待ちください。

 



人気ブログランキングへ


  1. 2009/04/28(火) 00:00:00|
  2. 演劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カトリ ヒデトシ

Author:カトリ ヒデトシ


最新記事

検索フォーム

ブグログ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (49)
演劇 (77)
映画 (7)
本 (27)
カテゴリ未分類 (76)
サッカー (3)
社会批評 (12)
旅行 (6)
北海道の生活 (66)

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。