FC2ブログ

地下鉄道にのって - エムマッティーナ雑録

劇評家カトリヒデトシのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱庭円舞曲 古川貴義さんインタビュー3回目

―「ヘッダ・ガブラー」はどうでしたか?やりたいことはできましたか?


古川うーん。ある程度ですね。演出としてやりたいことは、頭の中には割と明確にあるんですよ。机上の空論のところまでは、達せるんです。それはどんな作品であっても、自分の中だけならいくらでも達せると思うんですけど、結局、その先ですよね。役者さんもぼくの机の上に乗ってきてくれて、各々が、「じゃ俺こう出てみるよ」「じゃ私それに対してこう返してみる」という、自発的な丁々発止というか、せりふではない部分でのバトルがどこまで展開できるか、というのがもっと見たかったんですよね・・・。で、そこまでは完全には到らなかったかもしれないなぁ。というのが正直なところです。

―それはホンが規定だったということもありますか。

古川それは正直ありますし、小野以外の全員が年上の役者さんだったということ、キャリアも上だし、今までやってきた環境も全部違うので、そこで気負ちゃった部分は少なからずあるなぁ。と思います。最早何を言っても言い訳でしかありませんが、もっともっと攻めてよかったんだろうなぁ。と感じています。個人的な満足度としては、60点ぐらいですかね。作品としては、毎回120点以上のものを出さなきゃいかんと思っていますから。演劇って損と言うか、お客さんにとってコストパフォーマンスの低いものなので、だからこそ、120点以上を叩き出さなきゃと思ってます。だからこそ、悔しいですね。チケット代に見合うものはご提供できたと思っているのですが、それは僕にとっては、60点でしかなくて、チケット代の倍のものを見せられたときこそ、すばらしい観劇体験と言える。常にそれを目指さなくてはならないと思いますね。


―RED/THEATREはどうでした、使いやすかったですか


古川すごくいい劇場でしたね。裏周りは狭いですけど。見やすい劇場ですし、一番後ろにいても近い感じがするんです。170席ぐらいですけど。どの路線でも来やすいですし。そう、声が意外に通るんです。が、今回はあまり装置を立て込まなかったんで、そうすると音が袖幕や空間に吸われて、スカスカな印象になってしまいました。だから、役者さんは舞台上で声を張っても、空間に吸われてしまって響いて返ってこないから、と不安がるんですけど、実はよく聞こえているという。謎の音の反響具合いがありました。


―今回の「極めて美しいお世辞」の話をお願いします。

古川:「美しい」って何なんでしょうか?
難しいですよね。でも、みんな自分の中に「美意識」っていうものはある。確実にある。
好き嫌いっていうのも、美意識のひとつですよね。主観の話ですよね。主観というのも美識に繋がるんだろう。自分の中の善し悪しは、美意識とイコールになるんじゃないか。大抵の人は、個人の中にある美意識が万国共通のものだと勘違いしがちだと思うんです。
そういう風に錯覚しないと自分の好き嫌いは明言できないのではないか。で、それを生みす仕事が世の中にはありまして、「美容師」なんです。


―芸術家ではないんですね


古川:芸術家というのは、客観的な美を作りだす人で、商品としての美なので、見る人がないと成立しないはずだと思っています。ところが美容師は、お客さんそのものを美しくするということが仕事なので、そのお客さんの美意識で「いい」と思うものに持っていなければならない。だけど、美容師として自分も美しいと思わなければ、きっと仕事にはならない。だからそれを仕事にしているってすごい傲慢だし難しいなぁと思いまして。
 ということで、自分にとって美しいって何なんだろうと考えたことと、美容室のバックードの話をやりたいなぁ、と考えていたのが、フッと繋がって、これで行こうと。


―取材は結構しましたか


古川:しました。いつも切って貰っている美容師さんに、美容室の外で(笑)詳しくお話をきました。以外と体育会系らしいんですよ、職人さんの世界なんで。とはいえ、それをいっさい見せいという仕事だから、面白いなぁ、と思ったんです。そこにすでに演劇的なものがあると思いました。だから、憧れだけで入った人はすぐに去っていくそうで、離職率が高いんそうです。
加えて、「お世辞」っていうのもキーワードなんです、同じ言葉がお世辞になったり、ななかったりするじゃないですか。それってどういうことだろうか、と。ことばが投げ込まれる状況によって、異なるという。それって価値判断のところにしか、食い込まないのなぁ、と。善し悪し、それって「美」と一緒だ、と。「お世辞」とは、自分が思っていること、自分の中で100%だと思っている価値基準を歪め
て発信していること、あるいは歪めたつもりはないのに、受け手に「歪めてる!」と思わる状況なんじゃないか。あぁ、コミュニケーションめんどくせえなぁ、と思いまして。相手の文脈にのって話さないと、どんなに正しいことも通じないということ。そのあたり描こうと思ってます。

 人と人との関わりが観たいのです。しかしながら、人間の関係性だけを舞台上に置けば居ができるわけではないので、そういうストーリーにならなければならんし、トータルでチラシを作るところから、宣伝するところから、公演に飛び込んでその作品内容、すべにフィードバックされていく、繋がっていくようにしなきゃいけません。演劇というのはそういうものだと思っています。


―来年は「箱庭」はどん感じです?


古川:2010年4月2日(金)~6日(火)に、駅前劇場で第十四楽章「とりあえず寝る女」を上演ます。以降は、2010年10月に本公演を予定しております。今年11月に、番外公演 focus#2「庭」も予定しています。こちらはギャラリーカフェでの
、男女二人芝居3本立てです。DMとWebだけでの告知になりますので、ご興味あります方は時チェックしていただくか、今回の「極めて美しいお世辞」にご来場いただいて、アンケートに住所をご記入いただければと思います(笑) お待ちしております。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/09/15(火) 07:26:02|
  2. 演劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の同行 | ホーム | 箱庭円舞曲 古川貴義さんインタビュー 2回目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ksh21cz.blog108.fc2.com/tb.php/269-88f44060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カトリ ヒデトシ

Author:カトリ ヒデトシ


最新記事

検索フォーム

ブグログ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (49)
演劇 (77)
映画 (7)
本 (27)
カテゴリ未分類 (76)
サッカー (3)
社会批評 (12)
旅行 (6)
北海道の生活 (66)

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。